FC2ブログ

Search:

Calendar:

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Menbers:

・Steelo (Steez)
・Chinono (Chinoinu)
・Cherryska (Kalighat)
・Clona (Sorona)
・Haseeins (Hasezwei)
・Vareria (Varua)
・Arzenhack
・Manman (Papazono)
・Nineball (Hervor)
・Xiatian (Xianger)
・Xengun
・Anemoi
・Doronbo
・Hir (Hrr)
・Tritory (Paperg)
・Ephy (Marsya)
・Animarl (Zazarn)
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/11/27 (Tue) Sorcerer PrE雑感① Fire Savant

どうもKarです。

四つあるSorcererのPrE、UD14より前はWaterとEarthが不動のツートップで、そこから少し落ちてAir、遙か下にFireという順位が定説でした。しかしUD14以降、フォーゴットン・レルム(FR)でプレイする分には4Savantのバランスがとれ、どのSavantでも極端な有利不利はなくなった印象を受けます。私はUD14以降、Water以外をひととおりカンスト帯でプレイし、現在はFireに落ち着いています。その経験から、まずFire Savantについて評価を書いてみたいと思います。

Fireの長所

Fireの長所は、①瞬間的に範囲ダメージを与えるスペルの多さ(Meteor, DBFB, FB, Scorch, Burning Hand)と、②設置型範囲継続ダメージ魔法(WoFとIncendiary)の強さ、に要約できるでしょう。

MeteorはSavant IIIやToD Setなどによるダイス上昇効果が乗らないものの、唯一のSaveなし瞬間範囲DD。多段ヒットすることから、ShiradiやArcain Augmentationとの相性は抜群でしょう。またDBFBの使いやすさ(範囲が広い。地面に撃つことで乱戦でも簡単に敵を巻き込むことができる)は特筆すべきものがあります。瞬間範囲DDが多いと言うことは、継続時間が短いMass Holdとの相性が抜群ということでもあります。Mass Holdを入れて瞬間範囲DD連打はFire Savantの醍醐味でしょう。

設置型範囲継続DDであるWoFとIncendiaryも非常に優秀です。WoFは、同レベルのISと比べてFirst Hitがある分DPSが高く、またUndeadに対して追加ダメージがあるのは周知の通りです。IncendiaryはMax Caster Levelが高いため、設置型範囲継続DDとしては最大のDPSを誇ります。また盲目効果もおまけで付いているのも悪くない(説明文ではConcealment効果かと思ってしまいますが、Concealmentはありません)。この両スペルはISに消されてしまいますが、DPSはどちらもISより上なので、Fire SavantがいるときにISを出すCasterはNoob認定してしまってかまいません!(水Druidは優秀なデバフを持つので、水DruのISだけは許可)。ISを吹き消すために、メタマジックを切ったCyclonic Blastを常備しておくのはFire Savantのたしなみといえるでしょう。

Fireの短所

エベロンでは火に耐性を持つ敵の多さから(特にハイエンド・クエストの主たる敵だったDevil)苦戦を強いられていたFire Savant。しかしFRではHagや火トカゲなど一部に耐性持ちはいるものの、極端に不利というわけではなくなりました(FRで耐性持ちが多いのは雷ですが、それもAir絶対不利という感じではありません)。

変わらぬFireの短所としては、FB, DBFB, MeteorがWebを焼いてしまうことでしょう(Burning Hand、Scorch、WoF、Incendiaryは大丈夫)。相手を余り選ばないReflex SaveのCCであるWebは非常に優秀なのですが、それと相性が悪いのは厳しいものがあります。そのため私はEnchantmentのDCを伸ばし、心術系スペルでのCCを多用しています。先に触れたように、Mass HoldとFire Spellとの組み合わせは強力(なお心術スペルはSR判定があるので、Past LifeでSpell Penetrationを積んでおくのは重要です)。

また強力なLv5のDoT二種(BitingとElder)を強化しづらいのも弱点ですが、エピック・レベル導入に伴いCaster Levelが上昇したことで、BitingをMax Caster Level(15。かつては11だった)で使えるようにはなりました。

SavantのPrEで取得できる特殊能力が微妙なのも残念な点です。Heat DeathはUndead等に効かず、Saveされると全くのノーダメージ(せめて半減なら、、、)。Fire Guard効果もあってもなくても良い感じです。しかし、Heat DeathなどのDCはSorcerer level依存のため、エピック・レベルでのDC上昇は望めません。このことは、UD14以前では非常に有効だったEarth SavantのGrabやWater SavantのCoffinの弱体化を意味します(実際、EEではSaveされることが多い)。ですからこの点で相対的にFireの不利は少なくなったと言えるでしょう。


コラム | comment(2) |


<<Sorcerer PrE雑感② Air Savant | TOP | --/--/-- (--) スポンサーサイト >>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

BitingとElderのMax Caster Lvについて、私は15と記憶していたんですが20のようです(勘違いしていたのか修正されたのか、、、)。

ですから、Fire SavantがBitingをMax Caster Lvで撃つことはできなそうです。しかしBiting(Elderも)は、バグか仕様か、Max Cas Lvの増加エンハ・アイテムの効果を受けないので、ひょっとしたらFire SavantでもBitingをlv20で使えるかも知れません(未検証です)。

2012/12/11 12:15 | Kar [ 編集 ]


とても参考になりました。 

Karさん、コラム楽しく読ませてもらいました。

最近、DDOに集中的にINできてませんがSORの方向性としてすごく参考になりました。

これからも、いろんなコラムお願いします

2013/02/22 22:05 | ヴァル [ 編集 ]


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。